2009年10月04日

紅葉の石鎚へ

毎年秋は一泊登山旅行があり
今年は四国の石鎚山へ行ってきました車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)

先週の土曜日
時計朝四時半起きで六時出発

209304.jpg

朝のしまなみ街道は、これから太陽が昇るところ
途中3回くらい休憩して

登山口の土小屋に着いたのは10時半くらいだった

209306.jpg



この真ん中の三角の尖ったところに登るのよぅ
マヂデ━━━(゚∀゚;)━━━・・

はぁ
果てしない道のり犬(足)

天竺への道
今日中に着くの?

去年は島根の三瓶山へ行き
一人でサイクリングなどしていたので

今年は散々釘を刺されました顔(ペロッ)

ま、ジムにも行ってるし、何とかなるかと猫(足)

石鎚山は2000メートル弱の山で
1500メートルくらいの登山口から
4.6キロを歩いていきます

209308.jpg

道は整備されていて
殆んどはなだらかな尾根歩きなので

写真カメラ撮ったりしながら
自分のペースで進めました

209318.jpg

さっきより御山が近くなったClap

途中からは下山してくる人たちともすれ違います

( ′▽`)ノ チワッ!

笑顔で挨拶するのがお山のマナーです

209308.jpg

最後の600メートルぐらいのところから

鎖場といって鎖を伝って登るコースと
迂回して階段を行くコースに分かれる

ぽこはもちろん階段を行った
ヾノ・ω・`)__

鉄製の丈夫な階段を手摺りに捕まって登る

ただ階段を登るだけなのに
これが本当の登山だったのか
と言うくらいしんどかった顔(なに〜)

体が垂直に移動する感じってわかります?

もう息が苦しく、足重くあせあせ(飛び散る汗)
いつもそうなんだけど

登りさえすれば、降りれるんだから
フレーヾ( ̄O ̄ゞ)( 尸ー ̄)尸フレー

て、そう自分を励まし一歩ずつ踏みしめて行きます

カメカメカメカメ
人々の話し声が聞こえてきたと思ったら耳

急に視界が開けて頂上に着いていた
イエ───(σ≧∀≦)σ───ィ

209316.jpg

宮島もそうですが
石鎚山も山頂を弥山と言い
神様が降りてくる所なんだそうですぴかぴか(新しい)

209311.jpg

修験者の祈祷所があり
お経?祈祷?されてました

しかし、一体誰がこんなところへ
こんな立派な建物を

ひらめき人間の知恵ってスゴイね

パフィの「誰がそれを」CDが頭の中で回ってた

14時に着いたから3時間くらいかかってるね

209312.jpg

希望の人はその先の天狗岳にもいけます

晴れお天気に恵まれて

209310.jpg

山頂では霧も晴れ
自然の恵みの素晴らしい景色を見ることが出来ました顔(メロメロ)

209315.jpg

真下を覗き込むと足がすくみそう

冬の装備で行けと言われていたので

ジャンパーや着替えを準備していたけど
暑くも寒くも無くほんとにありがたいことでしたアリガト

うちらのチーム下

209314.jpg

下りも2時間はかかるので
3時には出発

ちょっとした登山をした人ならご承知と思いますが
登山は下りが危険です

登りは息が苦しいくらいで
自分でペースを調整できますが

下りは膝にきます
靴が足に合ってないとマメなどできて
非常に苦しみます

209900.jpg

上8ヶ月ぶりに使った登山靴
靴は大事です

そして、どんなに苦しくても自力で降りなければいけません

下りが長く続くとほんとに辛く
。゚(。>ω<。)゚。ピー

ちょっと上り気味のほうが足には楽なんですよね

ドリフのコントのカトちゃんの酔っ払いのオジサンみたいな歩き方になっちゃいます

残りあと1キロくらいのところから
トイレトイレに行きたくなり

休憩する仲間にちょっと先に
行くね!ε=ε=ε=(ノ≧▽≦)ノ

と、先を急ぐことにしたのですが

なんとどんっ(衝撃)
途中から小は大を兼ねるになりあせあせ(飛び散る汗)

最後400メートルは殆んど小走りでした遊園地

自分にこんな余力があったとは
凄ぃょ!o(≧∀≦)o

自分自身に線を引いてはいけないな
自分の限界はもっと先にあるということを学びました
Ωヾ(・∀・` )ヘーヘーヘーヘーヘーヘー

夜夜は登山口土小屋の白石荘に宿泊
山の幸をいただきました

209331.jpg

仙人が食べているといわれる岩茸がここではいただけます

209317.jpg

写真ので50年ものだそうです

夜6時から食事で、そのとき外を見たら
霧で外は真っ白
2メートル先が見えません顔(え〜ん)

この間観た映画「ミスト」を思い出した
怖〜い人影
ブルブル(((=ω=)))ブルブル

こういう夜は酒飲んで寝るに限るバーいい気分(温泉)
ヾ(・_・`;)ォィォィ
(いつもと変わらないじゃん)

*§*―――――*§*―――――*§*―――――

翌日は良い天気
駐車場の紅葉がきれいだったかわいい

209319.jpg

帰りは来た道と違うコースからしまなみへ向かい
途中の島で魚のバーベキューレストランを食べて帰った

209320.jpg

瀬戸内海の海はみんな、どこか似ている
懐かしくてほっとする四葉

209321.jpg

それから先週は土曜まで仕事だったので
ハードだった
【疲労】ヽ(´ω-`;)ハァ

今日一日休んで筋肉痛も癒えたら
また行ってもいいかなと思えるようになった

209303.jpg

ちゃあちゃん眼鏡お留守番ありがとうムード
今日の出番はこんだけです顔(ペロッ)

ニックネーム ぽこ at 20:41| Comment(2) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぽこさん、こんにちは。
やったーーーGood
毎年、恒例のハイキングですね。
本格的ですね。
靴は、こういうのが、いいんですね。
頂上へ着いた時の達成感って言葉では、表せないンだろうと思います。
来年も又チャレンジですね。
本格的な登山ってやはりトレーニングが必要ですヨネ。
ちゃあちゃんも登山した後のようなグッタリ感顔(笑)で、可愛いデスヨ。

降りる時のぽこさんは、まさにウサギさんジャンプの如しやったみたいデスネわーい(嬉しい顔)
Posted by モディ at 2009年10月06日 09:24
モディさま☆

私はお膳立てしてもらったところへ付いて行くだけなので
いつまでも素人なんですけどね顔(イヒヒ)
そう言われれば、なんで付いて行くんですかね
?  いい気分(温泉)ビールレストラン ?

頂上で
私の場合は達成感より

やっとこれで開放されるという
許しを得られたような、その安堵感が
心のビタミン剤なのかもしれませんぴかぴか(新しい)

それから、ラストスパートは手に汗握る
冷や汗滴る正念場でしたふらふら

必ずオチがあるんですよね
人間どんな時にも笑いは必要です顔(イヒヒ)

モディさんのコメント
とても嬉しかった
今日の幸せをありがとうございますかわいい
Posted by ぽこ at 2009年10月07日 00:58
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1854218
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック