2006年06月22日

☆星娘=しろりんのこと=

ウサギももりんと眼鏡ちゃあ坊の4羽のジュニアのうち
3羽の話はこれまでにしてきた
あと1羽しろりんの話だけはしてなかった

しろりんはダミアンと一緒にビル小学校にいって
ルビーちゃんと呼ばれていた・・いた

桜桜便りのころしろりんの訃報は届いていた顔(泣)
でもそれからそのことは敢えて思い出したり考えたりしないようにしてた
やっと今思い出を書き記しておこうという気持ちになった顔(チラッ)

しろりんは兄弟の仲で一番人懐こくこのままここで飼っていたら間違いなく揺れるハート憧れの抱っこうさ揺れるハートになっていただろう

好奇心旺盛で毛並みの美しさと赤い目目はもも譲り、気立てのよいとこは眼鏡ちゃあちゃんに似てた
ぽこは実はこの子が一番可愛かった黒ハート
しろりん1.JPG

小学校に行くまで職員さんの自宅で可愛がってもらっていたのだろう
その後学校で子供たちが世話をするようになってもその人が行くと覚えていて抱っこしてというように走りよってくるような子だったらしいダッシュ(走り出すさま)

二年目の夏晴れにその小学校ビルを探して会いにいったことがある
フェンスの外から覗いたら3つの個体がおりウサギウサギウサギ
濃紺に近いグレーで額に白い稲妻のダミアン

だみあん.JPG

真っ白で赤い目、右の耳のとこにごく薄いグレーの筋があるしろりん

138_17.JPG

仲良く寄り添ってる

間違いなくうちの子達だexclamation×2大きくなってる顔(メロメロ)
しろりんは警戒するでもなくまるでぽこに挨拶するように近くにきてくれた

ぽ「しーちゃん、私だよ、覚えてる?」
なんだか小首をかしげて
し「だれ?
て言ってるみたいだった

ともう1羽見たことのないうさぎさんがおり
白とグレーの毛並み耳は短く顔も丸顔っぽいのでドワーフ系のお方?

でも片耳耳が一部千切れており鼻から口にかけても裂けたような傷跡が・・

ぽ「あ、ども、うちの子たちがお世話になってます」
ド「・・・」

風のうわさでしろりんが7羽のこどもを生んだと聞いていた
新しい家庭を築いたと
彼がしろりんの旦那さん?
どう見ても堅気の衆じゃないヨ やさぐれの中年男だよ

うちの子達にケガや傷跡は見られないので多分この子たちが来る前に他のうさとけんかパンチして傷だらけになったんじゃないか

しーちゃん苦労してるんじゃないの 泣いてるんじゃないのもうやだ〜(悲しい顔)
ここにやったのは間違いだったのか

夜帰り道夜空に満天の星☆

親方とふたり言葉少なだった犬(足)

親「しろりんをやったのは間違いだったんじゃねえか あそこにおいとくのは我慢できん おらいつでもしろりんを引き取るぜ」ちっ(怒った顔)

もうすっかり娘を嫁に出してその生活を心配してる親の気持ちなんだふらふら

私もしろりんは一番手元に置いておきたい子だったから
なんか切ない気持ちになるけどでもね、考えようによったらしろりんてそのためにあんなにかわいい可愛く生まれてきたのかもかわいい知れないよ

あのやさぐれた(推定)中年男うさはいままで戦いに明け暮れ傷ついて孤独のなかで荒んだ毎日を無意味に生きてきたかもしれない人影

あの子達が来たことで仲間が出来たし、しろりんみたいないい子に会えてあのやさぐれた灰色の毎日が明るい明日に変わったかも知れない虹
あのやさぐれうさにかわいいやすらぎと幸せをあげるプレゼント
しろりんは使命を持ってそういうぴかぴか(新しい)星☆の下に生まれてきた子ぴかぴか(新しい)なんだよきっと


そしてまたお星様に帰っていった車(セダン)
大好きだったよ 忘れないよムード

また会うときまでさよなら そしてありがとうアリガト

130_9(2)(2).jpg



ニックネーム ぽこ at 23:44| Comment(2) | TrackBack(0) | ジュニアたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月07日

=玉の輿ボーイ= うっちゃんのこと

014_11.JPG

パンダというより牛だったのでうっちゃん。ちゃこちゃんの次に大きく元気ですくすく育ちました。
ちゃこちゃんの旅立ちより2日後に親方の仲良しかっちゃんちにもらわれていきました。
いつでも様子が聞けるし会うことも出来ると思っていたし、ちゃこちゃんとの別れで悟ったのかうっちゃんが行くときは割とさらっと笑顔でわーい(嬉しい顔)(うさたちも)送ってあげられた。Hello

088_21.JPG

そのお宅には小学生と幼稚園の姉妹ブティックブティックがおりウサギが来るのをそれはそれは楽しみにしていてくれたそうでつけられた名前がかわいいはなちゃんかわいい
オスてことはちゃんと伝えてあったんだけどはなちゃん?

ま、可愛がっていただければそれでいいんです

事実かわいいはなちゃんかわいいはとっても大事にされている。
夏は人間がいなくてもずっとエアコンで涼しい部屋においてもらう眠い(睡眠)眠い(睡眠)

好き嫌いはありペレットとかお菓子各種ファーストフードは取り揃えてあるが牧草類は全然食べない。

そのせいか歯が自然に削れないので年に二回くらい病院で削ってもらっている。
初めのころはそれがわからなくてご飯を食べなくなり近くの病院病院で歯を削ってもらったがはさみそれでも回復せずどうしようがく〜(落胆した顔)って相談を受けたのでぽこがうさ本本などで調べて連れて行った獣医さんはひらめきさすが最初の獣医さんが見つけられなかった奥歯の処理をしてくれて危機を脱出した。
27000円だったとか。ふらふら
このごろは看護師さんの代わりにかわいいはなちゃんかわいいを固定するというお手伝いをして3000円でやってくれるところを見つけたとのこと。ぽこも安心。わーい(嬉しい顔)

071_4.JPG

またその通院用のキャリーバックカバンを購入したり、なんか我が家では想像もつかないようなうさグッズがたくさんあるらしい。

おらんち公団の家賃がまた下がっちゃたよとちょっと自慢げ?なかっちゃんちはかわいいはなちゃんかわいいに惜しみなくお金を使う。

親方といつもかわいいはなちゃんかわいいはええとこへ行ったなぁ〜
うさ冥利につきる、玉の輿だよと話してる。

でもね、うちの眼鏡ちゃあ坊だって負けてないよ 

いよ!うちの玉残し Good

眼鏡よせよ、照れるぜ

072_5.JPG
ニックネーム ぽこ at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュニアたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月05日

=選ばれし子= ダミアンのこと

013_10.JPG

実際生まれた順番を見たわけではないけれど一番小さくて弱そうだったのがダーちゃん。だから末っ子だろうと思っている。
頭に白い印三日月があったのでダミアンと名づけた。

他の子もそうだけどウサギももと眼鏡ちゃあ坊の柄とはぜんぜん違う柄が出てくるってのが不思議? ミックスの特徴なのかな 両親の祖先にあった柄がいろいろ出てくるって事?

ダーちゃんは要領が悪くていつもお乳もらうのに間に合ってなかった。本本に書いてある通りももの授乳時間てほんの1〜2分でそれもほんとに夜中くらい夜まで粘ってやっとその瞬間を見れるくらい。

まだ目が見えない子供たちは(親方の話によると)ももが自分の毛みたいなのを口から吐き出してその匂いで母親のいる場所を察してひらめき寄ってくる。

ちゃこちゃんなんか体が大きいので手足動かしてぐいぐい進んですぐ母さんのところにたどり着く位置情報から時間いっぱいお乳飲めるんだけどダーちゃんは小さくて弱々しいのであせあせ(飛び散る汗)母さんのところになかなかたどり着けない。カメ

077_10.JPG

やっと到着しても一番最後なので空いてる場所(乳首)を捜すのにまたもたもたしちゃってそのうちにタイムオーバーとなる。
顔(汗)飲めてないときもあった。

だから他の子たちよりもっと成長が遅れていくの。
そんなこと知ってか知らずかももはお構いなし。

ダーちゃんに特別なことしてやるわけでもなく、見かねたぽこと親方はウサギももの気をひいて授乳時間を延ばそうとビスケファーストフードでつったり人工保育用にミルク買ってきて飲ませようとしたりいろいろやったもんだ。あせあせ(飛び散る汗)

089_22.JPG

あせあせ(飛び散る汗)あんまり効果なかったけどね 

だから他の子に比べていつまでも目が開かずもしかしたらこの子はずっとこのままかもしれないね。
自然界では弱いものは淘汰されていく 
ダーちゃんは生き残れないかもしれない。
ウサギももは自然の摂理を受け入れてるのかも知れない
 
もしもこのまま生き残れなかったらそれはその子の生命力や寿命と思って諦めよう。
でもexclamation×2
もしも目が見えないままで生き残れたらそれはぴかぴか(新しい)選ばれて生まれてきた子だからうちで可愛がって育てようね。決定と親方と相談していた。

はらはらしながらも見守るうちに遅まきながら何とか目が開き目みんなについて水飲んだりペレットかじったりできるようになった。

一番小さかったから一番がんばったんだよね。ダーちゃんは・・

映画ぽこの好きなあの映画のひとこまに「愛するものが苦しんでいるときに周りのものがしてやれることは何もない。ただ愛してやることしかできない」とかいうところがあってその通りだなって思った黒ハート黒ハート

132_11.JPG

その後もダーちゃんはしろりんと一緒にもらわれていくまで一番長くうちにいて楽しい思い出を作ってくれた。揺れるハート

いまは学校ビルで小学生のみんなに可愛がってもらっています。
お世話をしてくださる皆さんありがとう。

123_2.JPG

ニックネーム ぽこ at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュニアたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月02日

=旅立ちのとき= ちゃこのこと

012_9.JPG
ウサギ
しっかり者の長女て感じです。
ちゃこは父親ちゃあ坊にそっくりな毛並みだったので「小ちゃあ」」てところから「ちゃこ」になりました。ちゃこは生まれたときから体が一番大きかった。目が開くのも一番だったし、だから巣立っていくのも一番だった。
1ヶ月くらい経ってから知り合いの紹介で動物好きのえむさん家に迎えていただいた。せめてもう2週間くらいは親元で育てたほうが良いのだろうけどたった一日でもどんどん成長していくその可愛い盛りをこれからお世話になる家族にお土産代わりプレゼントに見てもらったほうが早く情が湧くんじゃないかと思い元気いっぱいだったちゃこを連れて帰ってもらいました。Hello
086_19.JPG
えむさんは子うさたちを見つめる眼差しや抱っこする仕草などからしてぽこなんかよりずっと動物の扱いに慣れてらっしゃるし一緒に来ていた姉弟も「名前はこのままちゃこにしよう」て可愛いこと言ってくれてこちらは何も言うことないのにぽこはなんか往生際悪くぐずぐずしていたように思うな。
親方なんか4畳半(たんすが大きくて実質3畳)の自分の部屋から出てこずカップ酒飲んでいた。娘やるおやじの心境か・・顔(泣)
まったく夜その夜の静けさったら。三日月三日月三日月
残された親子もわかってるのね。ももと残りの兄弟たち ウサギ一人いなくなっただけなのに、いつもなら子供たちがもつれ合って少しもじっとしてないのに、みんなでももに寄り添ってるその姿ったら 母親として子供を見送った(自分の意思じゃないけど)ももの寂しさ悲しさを我が家のみんなで共有した。家族なんだなぁて感じた
091_24.JPG
その後えむさんのお嬢さんから「ちゃこは我が家のアイドルです。お父さんが帰ってくると走って玄関まで迎えに行きます。迎えにきてくれるのはお前だけだなってお父さん涙ぐんだりしてます。ちゃこはお父さんを癒してくれます。・・」というような内容のmail toお便りをいただいた。
ううっ、たらーっ(汗)ほんとにありがとうございます。なのに返事書いてなかったような・・・顔(ペロッ)ぽこってこんな奴です。
ううっ、ほんとにごめんなさい。
020_17.JPG
ニックネーム ぽこ at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュニアたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月30日

ジュニアたち

ルビー&サファイアの兄弟を紹介します。名前はうちにいるときの呼び名
1ちゃあ坊にそっくり長女のちゃこかわいい
006_3.JPG

2パンダというよりうし君?長男四葉
005_2.JPG

3真っ白白雪次女しろりん揺れるハート
004_1.JPG

4額に三日月末っ子ダミアン虹
007_4.JPG
ニックネーム ぽこ at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュニアたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月28日

ルビー&サファイア

ももとちゃあ坊の子供たちは4羽いるのだけどそのうちの2羽はある小学校にいます。ウサギウサギ

075_8.JPG

076_9.JPG
今日親方が聞いてきた話。偶然にも親方の同僚の子供さんがその小学校に通っていてしかも4年生で飼育係りでうさの世話をしているとのこと 白い女の子はルビーグレイの男の子はサファイアて名前でいまも元気にしていると昼間メールmail toでこれだけ聞いただけでもう、うるうる・・涙が出そうになっちゃった。たらーっ(汗)
だってとってもかわいい子だったんだよ〜。ほんとは小学校にはあげたくなかったんだけど親方の妹から紹介された学校の職員さんに小屋も運動スペースも新築しました。きっと大事に可愛がりますからオスメス両方ください。と懇願されもうやだ〜(悲しい顔)よろしくお願いしますとお渡ししたのが6年近く前。

3〜4年前に一度会いに行ってから時々どうしてるかなって思い出していたのだけど今日聞いてきた話ではサファイアは警戒心が強いので抱っこどころかなかなか触らせてくれないらしいけどルビーは人懐こく飼育係でエサご飯をくれる人はちゃんと覚えてるんだって。
いつもありがとうって御礼を言うように足元にまとわり着くらしい。子供の表現でお礼を言うと感じるってことはそれは本当なんだと思う。うさと子供の心が通じてるしそう感じられる子供の感性って豊かで尊いものでしょ。ぴかぴか(新しい)
137_16.JPG

虹親方は子供にそんな優しい気持ちや夢をあげられるうさを届けてあげられてうれしい。幸せだと言う。その話をしながら二人で涙ぐんでるんだけどぽこはそのすべてをももとちゃあ坊にありがとうって言いたい。二人がうちに来てくれたからルビーとサファイアが生まれ揺れるハートこんなすれっからした毎日送ってるのに否だからこそこんな話できれいな涙流せる。たらーっ(汗)うさ飼いになってほんとに良かった。すべてのうさ達にありがとう。多謝!アリガト
るんるんエボニー&アイボリーるんるん
027_24.JPG
ニックネーム ぽこ at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュニアたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする